落ち込まないじゃなくて落ち込んでもいいと思える

久しぶりにこんにちは!
コーチのよこじゅんです

私がコーチングを学んだのは2016年
もう4年前になります

コーチングを学んでよかったと思うことの一つにものすごく落ち込まなくなったことがあります

自己肯定感が上がったという言い方もあるかもしれませんが
それよりは自己肯定感が低い自分もそれはそれでいいと思えるようになったことかも

うん? それを自己肯定感が高いというのかな? まぁどっちでもいいです笑

昔はよく仲の良い友達に
「イナイシ(私の旧姓)が凹むと もうどうもしてあげられなくなる」
と言われ、ずいぶん友達を困らせてました
超めんどくさい奴です

それがあんまり凹まなくなったのは自分のことを客観的に見られるようになったからです

コーチングを学ぶ過程でクライアント役もたくさんして自分のことをずいぶんたくさん話します

聞かれたことに答えようとして頭の中のもやっとしたものに当てはまるコトバを探して口にする

たくさんコトバを話す

その中から自分のほんとの気持ちとかが見えてきて言葉になる

こんなイメージ

一旦頭から取り出した思いは
それまで自分の中で嵐みたいに吹き荒れてたのに

「あら、そんな風に思ってたのね」

とどこか他人事にすら思えるのです

そんな風に思ってたのね からの そんな時もあるよね
あたりでもうだいたいどうでも良くなるというのが最近の流れです

このところお天気のせいか気分が乗らない日もあったので
ふとこんなことを考えてみましたー

今日はこの辺で ほいじゃーまたねー