小さな一歩を後押しする

ぱっと見元気そうだけどだいぶ足腰きてます

久々に一人で暮らしてる父に電話した

もともと口数多い父じゃないので
こっちも「何喋ろう?」って結構身構えて電話しちゃうとこがある

「なにしとったー?」

「最近夜のトイレの回数は?」

と他愛もないこと聴いてみる
(これ全部一問一答形式の自分が知りたいことを聴く質問、
わたし常時コーチング的なワケではないのです笑)

私「運動はしとる?」の問いに

父「ちょっとはしとるよ、お墓行くときとか、たばこ買いにコンビニ行くときとか」

私「へーいいじゃん」

父「まぁな(照)」

私「じゃぁ運動は十分しとるって感じなんだ」

父「十分じゃないけど、、」

私「もう少しした方がいいなと思っとる感じ?」(私にはそう聴こえた)

父「そうだなぁ」

私「ふーん、じゃあもう一歩足を伸ばすとしたらどこまでいけそう?」

父「なんか目的があったらいけるけど」

私「あ、じゃあさタバコ買うためにもう一個遠いコンビニ行くってのは?」
(ふつうはあんまり提案しないけどここは父だしまぁいいかと(;’∀’))

父「そうだな、やってみるわ」(割と意欲的な声)

私「ふーん、じゃあやったら教えてね~」

 

と、いつもなら1分くらいしか持たない会話が結構もった笑
声の感じからもどうやらやる気に少しなったっぽい

高齢者をやる気にさせるのにもコーチング使えるな( ̄ー ̄)
と思った次第でした