野球母たちの間で話題になったこと

こんにちは
コーチのよこじゅんです

この土日は次男の野球の練習試合やかつてお世話になった学童野球チームの大会を応援に行ったり結構野球三昧でした

応援に行くと久しぶりの母たちに会って
いろんな話を聞きます
わが子たちの話に加えて兄弟がやってる高校野球のことなど
母たちは応援しつつ情報交換も忙しいのです笑

そこで偶然何度も同じパターンの話を耳にしました

「やる気のない選手を奮起させるためにわざと冷遇するのだ」
という指導者がいる、と

指導者からやる気がないと思われると
実力では同等かそれ以下の下級生をわざと試合に使って
その上級生は出さない、とか
小学校高学年なんだけど低学年の子につけさせる
背番号をつけさせる など

「でもかえって選手はモチベーションだだ下がっててさ」
とどのお母さんからも聞きました

私が学童野球のメンタルコーチをしてた時も同じようなことは何度も見かけました

「逆境を這い上がってこい!それでこそメンタルが鍛えられるんだ!
だからわざと厳しい言葉をかけるのだ!」みたいな

「なにくそ!」理論

確かにこれでやる気になる子も中にはいる
でも実際はそうならない場合のほうが多い

この考えがもし機能するとしたらいくつか条件が整って成立すると考えられる

1つ目は
その選手がそこそこ自己効力感が高く
自分の頑張り次第で挽回できると信じられるタイプであること

2つ目は
その競技を好きで上手くなりたい
強くなりたい
勝ちたいと思えていること

3つ目は
指導者との信頼関係が成立していて
本当は自分に期待してくれていると選手に伝わっていること

最低でもこの3つがないと指導者の意図した結果は得られません

実は3を整えることで1と2は結果としてついてきます

そんなことされたら選手がかわいそ~、なんていう
感情論で言っているのではありません
合理的に考えてどうしたら効果的かという見方で考える必要があります

「効果的」とは成果に対して効き目がある ということ

そう考えると相手がどんなタイプの子か見極めて関わり方を変える必要があります

やる気を出して頑張ってほしい!
が求めるゴールなら関わり方は一つじゃないはずですよね

じゃぁどうすればいいの?
てことが知りたい方は
私たちスポーツコミュニケーションアドバイザーにご相談ください😀

 

 

 

 

LINE公式アカウントも お友達登録よろしくです🐢

友だち追加

自分を助けられるのは自分だけ

問われることで自分に起こるいいことっていっぱいある
例えば頭が整理されたり、
自分のやっていることに価値が見いだせたり、
新しい展望が描けたり

コーチングではもちろんこれらの効果を狙って質問するのだけど
問いを使うのはコーチングだけではない
例えばインタビュー

最近のトップアスリートは自分の頭の整理に使えるからということで
積極的にインタビューを受けると言っている人もいる

少し前にNHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』で卓球の石川佳純選手に密着していた

オリンピック代表選考がかかる大会でもなかなか結果が出ず
長くつらい一年にインタビュアーが同行していた

ある大会の本番直前、インタビュアーに今の気持を聞かれ
「勝ちます」と答えた後

「めっちゃ宣言させられてる~笑」と

そう、問われて答えると決意が新たになるのです笑!
これも問いの効果のひとつ

 

インタビューを受けるなかで表情や心のあり方が変化していった

言葉にしていなかったけどきっと「勝つ」の先にあるものに気づいたんだと思う

そして使う言葉が変化していった

「なんで打てないんだろう どうして?」
が「いいよいいよ 頑張ってるからだいじょうぶ」へ

印象に残ったのは
「自分を助けられるのは自分だけ」

不安や焦りでいっぱいの時は唯一の味方のはずの「自分」からも
ダメだしの嵐になっちゃう

そういう時自分を客観視できる問いかけをもらえるとスッと我にかえれる

そんな時間を持ちたくなったらぜひ周りのコーチを頼ってみてくださいね~

 

 

 

LINE公式アカウントも お友達登録よろしくです😃

友だち追加

甲子園がなくなったら全てが終わり!ではない

こんにちは!いや、こんばんは、かな
コーチでスポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

今日は久しぶりに友人と話していていろいろ考えました

「甲子園が中止になって選手たちは何のために野球をやってきたんですか!」

と涙ながらに語ってる人いたよねーと

本気で甲子園目指してきた子 はもちろんショックだよね
それは当然だと思う でも可哀そうとは違う気がする

甲子園だけをめざしてやってるんだ!  とか
スポーツは勝つためのもの!勝たなきゃやってる意味がない!

と思ってたら確かに目の前から何もかもなくなってしまったみたいになるかもしれない

でも少し落ち着いたら「目指すことで得られたものは何だったのか?」
ってぜひ考えてほしい

勝つためだけにと思ってやってきた人も必ずいろんなものを手にしてるはずだから

そしてこういう問いかけをしてあげられる大人が近くにいるといいなと思う

それに実は甲子園目指すために野球をやってるわけじゃない子もいっぱいいる

だから甲子園がなくなったら全てが終わり!ではない
そう思いたい大人はいると思うけど

あとこんなパターンもあるかもね

甲子園目指してガチガチにやってきたのが少しだけでも純粋に野球を楽しめる時間が訪れる可能性もある

多面的な物の見方を手に入れられるチャンスとも言えるかも

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

◎スポーツコミュニケーションおしゃべり会
5月27日 21時から23時で参加無料
Zoomリンクは参加希望の方にお知らせします
https://www.facebook.com/events/2720014564896156/

◎親子のスポーツコミュニケーションセミナー【親子の絆を整える編】
5月30日  20時から22時半 参加費2000円
https://www.kokuchpro.com/admin/e-e4635a85ecb81087af32854ed1396796/d-1199907/

🐢🐢🐢🐢

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

もやもやイライラする時もある

こんにちは!

コーチのよこじゅんです

感情がざわつく時、実は自分を観察するチャンスです

なんて書くとカッコイイけど、もやもやしてイライラして苦しくってそれをどうやってやり過ごしたかって言う話です笑

皆さん外出自粛やテレワークで普段家にいない家族が日中も顔を合わせる時間が増えてるんじゃないでしょうか
そうすると見なくていいとこまで見えちゃったりしますよね

我が家には中学2年生と高校2年生の男子2人がおります

彼ら

「よぉそんなにゲームして飽きんなぁ!」

って言うくらい一日中ゲームしてます

最初は「まぁこうやって元気で仲良くゲームしてるなんて平和や~」

なんて余裕かましてたのですが

最近私の中からむくむくと「ほんとに大丈夫なん?いいのこのままで?」

ともやもやが生まれ、やがてイライラに変わり、でも感情的に怒っても意味ないのは知ってるし、どうするこんな時、やる気引き出すんじゃなかったんか?とかいろんな思いが湧いてきてぐるぐるしておりました

やがてちょっと落ち着いてきたので

「何が嫌なん?」

と自分に聞いてみた

何か時間を浪費してる気がする、もっと有意義に使えばいいのに、、
後できっと困るよ、後悔するよ

「例えば?」

勉強するとか、素振りするとか、本読むとか、何か作るとかさ、、

そのうちこんな問いが浮かんできた
「じゃぁさ、あと100日で死ぬと思ったら何して過ごしたいと思うと思う?」

って考えたら、そうだな少なくとも勉強はせんわな😂
何か楽しいことするとか行ってみたい場所に行くとか、、

これは極端な問いだし、じゃぁ刹那的に生きていいのかっていう別の疑問は湧いてくるが、このことで自分のイライラが価値観の押しつけだったことは分かった

何の解決にもなってないけど自問自答、セルフコーチングすることで相手の話も聞かずにいきなり雷を落とすという最悪の事態はまぬがれた

危なかったゼ

いつもフラットな気持ちでいられるのが理想だけど
まだまだ出来てない

でもコーチングを学んだおかげでフラットに戻れるまでが早くなった気はするよ
よかったよかった

**お知らせ**
スポーツしてるお子さんをお持ちの親御さん、指導者さん、ただ何となく興味がある人誰でも参加可のおしゃべり会を開催します
詳しくはこちら↓↓↓をご覧ください

https://www.facebook.com/events/2720014564896156/

 

 

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

ZOOMファシリのサポートをして分かったこと

こんにちは
コーチのよこじゅんです

今日はZOOMの操作面で講師をサポートする役割でセミナーアシスタントをしていろいろ分かったことがありました

準備段階からの経過は飛ばして今後必要なことだけ自分の覚え書きとして書いておきます

鉄は熱いうちに打て 的な
トラブルは忘れないうちに書いとけ 的な感じです

セミナー本体の内容はFacebookに投稿したのでこちらをどうぞ

最近急激に普及してきたZOOMですが
これからオンラインでセミナーやファシリテーターをやっていきたい人にこんな準備が必要なのねと参考になったら幸いです

事前準備

端末ごとの画面の見え方、メニューの操作確認と資料化

以下は頻繁に使うのでどこを触ればいいのかさっと答えられるようにしておく

私はPC,スマホ、タブレットを使って一人ミーティングを何時間もやって、機能を試してはスクショとってパワポに書き込んで資料化しました

  • 名前の変更の仕方
    ディスカッションする場面がある場合は特に日本語表記に変えておくとお互いお名前を呼びやすくてよい
    PCは左上の「・・・」をクリック、スマホ・タブレットは画面下か上の「参加者」から変更
  • マイクのミュートと解除、ビデオのオン・オフ
  • ギャラリービュー、スピーカービューの切り替え
    PCはデフォルトでギャラリービュー、切り替えは画面右上
    スマホはスワイプすると変わる
    タブレットは左上に表示があるのでタップで切り替わり
  • 手を挙げる、拍手の表示
  • チャット
  • 考えうるトラブルの対処法

    作った自分用資料の一部

参加者への案内

  • スマホの場合ZOOMアプリのダウンロード
  • 初めての場合音声テスト、動作確認のお願い
  • トラブル時のもう一つの連絡先確保と確認
    今回、これを確保はしてあったけど何かあったらこちらに連絡しますよという念押しをしなかったのでZOOMが落ちてしまった時に一時期音信不通になる場面があった
  • 機器の充電をお願い
    断定はできないけど、どうも電池切れ寸前だとセーブモードが発動しているのかZOOMが不安定になっているように感じたので事前にある程度充電しておく方が安心(な気がする、間違ってたらごめんなさい)

セミナー中の配慮

導入時とオープンな場

  • 事前準備で挙げた基本的使い方を説明、やってみる
    マイクが表示されていない時はそもそもマイクが使える状態になっていない
    しゃべり始めたら「あれ、音が出ない」という方がいた
    マイクは表示されていたのでオーディオ設定(マイクの横の∧)で音量を上げてもらい解決
  • トラブル時に参加者がどうやって助けを求めればよいかの説明
    手を挙げる、チャット、事前に確認した連絡先にメール、電話など
  • できるだけギャラリービューで皆さんの表情を確認
    何か事件が起こっていないか笑、ついてこれているか、楽しめているか

ブレイクアウトセッション時

  • 最初にどんなものかの説明
    個室で話す感じになること
    操作はこちらでするから安心していいこと
    時間が経てば自動で戻ってこれること
    ヘルプボタンで助けを求めれること
  • 参加者名簿を用意して組み合わせをメモれるようにしておく
  • ブレイクアウト時はホストからのチャット、画面共有はきかない
    ホストから何か伝えたいときは全員へのメッセージしかない
    ただこれ目立たないのとしばらくすると消えちゃう
  • 上記の理由でブレイクアウト中に話してほしいテーマを書いておける場所がないので工夫が必要
    これ解決策はまだ考え中
  • リアルで話すより深く話せるせいか2~3分はあっという間
    じっくり話せたほうが満足度があるみたい
    セミナーの構成自体をそれに合わせてリアルとは変える必要あり

今回起きたトラブルについて

音系

  • マイクの音が出ない
    今回はオーディオ設定の音量で解決できた
  • 音が聞こえませーん!
    途中で急に一人の参加者さんだけ音が聞こえなくなるトラブル
    接続が不安定だったことが原因ぽいが詳細は分からず
    一旦退出して入りなおしてもらうとしばらく良いけどまたなる

おちる系

  • 「ZOOMアプリが接続されていません」のメッセージ
    一応ログインできているのだけど、ビデオはオフになり音声も不安定に
    途中切断したりでとても申し訳ないことに
    充電が切れそうともおっしゃってたので節電モードになっていた?

まとめ

今回初めての経験で何とかかんとか乗り切れたけど
これを講師もしながらサポートも同時にするにはかなりの準備と実践が必要かも

でも、それで参加者の皆が気持ちよく学べて充実した時間につながるのならやる意味はあると思った

以上でございます

 

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

今不安に思っている人に届けたいこと

こんにちは コーチのよこじゅんです

本題に入る前にお知らせ1点
突然思い立ってLINE公式アカウント開設しました
今お友達登録してくれた方にプレゼントもあります!

プレゼント内容は一番下に書いときます笑
こんな日に限って今日は長文です(;’∀’)

友だち追加

さて本題
昨日、群馬で中学校の先生をしている大学時代の親友からLINEがきました

返信したメッセージを読んだ親友は、周りの困っている人にもシェアしていい?って言ってくれました

私個人の今考えてることなので当てはまらない人もいると思うけど
少しでもこれが役にたつと思ってくれる方がいるかもしれないと思い、こちらにも載せておきます

親友はあるオンライン会議に出席したらしいんですが私への相談の内容は

「休校中、部活ができなくなってしまった子どもたちのストレスや体力低下への恐れが課題として上がったんだけど、だれもいい意見が出せずに流れてしまい…結構深刻に悩んでるお母さんが身近にもいたので、何かいい方法があれば教えて欲しいのだけど、どうかな?」

というものでした

そして彼女のとこにはこんな声も届いているみたい

「私の息子も中3で最後の大会が…と嘆いていますが、高校に行ったら、とか、やっぱり体力維持に、とか何かしらの目的を持って、部活には臨んでいるようです。この連休は、部活はありませんが、まだ、通常の学校がある日は、部活ができるありがたさも感じるようです。(ここまで)

この県は休校じゃないみたいなので、練習はできるみたいね。

でも、私も初任の時に部活持ってたけど、自分だったらこんな時、どう声がけをしたらいいか、どう次への目標を持たせたらよいかすごく迷うと思うので、そんなヒントが欲しい人がいっぱいいそうだなと思った。

部活が停止してしまった子の様子では、1人でも練習はできるけど「みんなと野球したい!」「みんなとサッカーがやりたいんだ!」という思いが募っているということ、体力が有り余っていることや外に出られないストレスなどから、明らかにイライラしていて物に当たるようになった、親子ゲンカが増えた、という声を会議や職場で聞いた。」

同じような思いをしている方きっといっぱいいると思う

以下私の返信です

お子さんがどの程度深刻な状態なのか分からないので何とも言えないけど、今、大人ですらこの先どうなるか分からない不安や人が人を批判しあうの見てゲンナリしたり、逆にとっても攻撃的になってたりするよね

なので当然子どもたちも同じだったり無意識的に不安になってストレス溜めたり。。

それを見て親もまた不安になるよね

そんな時にモチベーション保つのはオリンピック代表レベルの選手でも難しいもんね

ただ、今ある不安やマイナスの感情がいろんな形で自分を守るためにあることに気づくと案外不安じゃなくなったりする

それは自分の話を否定せずに受けとめてくれる人に話を聴いてもらうことで可能だったりするんだけど

お子さん自身の抱える問題もあるかもしれないけど、お母さんの不安を聴いてくれる人も必要だよね
もしかしたら家の中でも夫婦間で意見の食い違いや温度差があるかもしれん

お子さんは今エネルギーがマイナスになってるかもしれん
それゼロ辺りまで上がってきたら、部活や今までしてきたことの意味や目的を考えたり、じゃあこの先どんなことを考えていきたい?って話もできるけど

うちの子ども達も何にもしてなくてゲームばっかしとるけど、何となく時間かけて自分の中で(無意識に感じてる不安を)消化しとるように見えんこともない笑

子どもの場合何かの手段で友達と連絡がとれるとまた変わったりするけどね
(中学生くらいは親より横のつながりの方が影響が大きい)

同じスポーツコミュニケーションアドバイザーで高校テニス部の外部コーチしてる方とかはオンラインでミーティングやメンタル講習したりして、つながりとモチベーションを維持したりしてる

(中略)
ゴールや目標は自分以外の要素も絡んでくるから未達成に終わることはままある

今回の状況はまさにそう

でも「目的」は自分がそれをする、したい理由だから形を変えても叶えられる

中学三年生の子がこんな形で引退するのは本当に残念やと思うけど、高校でどうありたいか、社会に出てからどんな人として生きていきたいか、自分の人生のゴールはどこか、など大きな目的から振り返ると今やることが見えてくるよね(ここまで)

これを読んだ親友からの返信にはこんなことが書かれていて

「今、この状況だからこそできることもあるし。

大人も迷っているけど、子どもがこの状況を少しでもプラスに捉えて成長できるよう、まずは自分から意識を変えていこう✨」

最終的に私が励まされ、元気をもらいました

今、先が見えなくて不安、子どもたちこのまま学校も部活も止まっててどうなっちゃう?毎日一緒にいる時間が長すぎてつらい、などいろーんな悩みが蓄積していっている方もいると思います

不安を不安だと言えて、嫌なものを嫌だと吐き出せるとずいぶん楽になりますよ

なのでよこやまじゅんこのLINE公式アカウントにお友達登録してくれた方に
無料セッションプレゼントしています
詳しく知りたい方もぜひこちらからお問い合わせください→

友だち追加

数値化するとモチベーションが上がるパターンもあるよね

こんにちは コーチのよこじゅんです

こないだ桜が咲き始めたかなぁと思ってたらもう4月も下旬に入ってしまいました

皆さんはどうお過ごしですか?

新型コロナウィルスの感染拡大防止のためにお仕事が在宅になったり
外出を控えたりで一日の体を動かす量は相対的に減っているんじゃないかと思います

そんな中、毎日のちょっとしたことが怠け防止につながってるなぁと思ったことを書いとこうかと思います

クライアントさんとのコーチングで目標の達成具合を測るために
数値化するということを行います

例えば少年野球の選手が
「バッティングを上達しまーす!」
だけだと、どうなったら上達したことになったのかが分からないため
どう行動したらいいのかもぼんやりします

でも
「スウィングスピードを10%上げます!」
だと具体的になってきます

これは目標を明確にするための数値化です

今日書きたいのは行動した成果が数値で表されるとそれが自分のモチベーションにつながるなということを改めて実感した話

前回の投稿でミネラルファスティングに挑戦したことを書いたんですけど、そのプログラムの中で朝一に体温、体重、(体脂肪率もあったかな?)
を記録することが義務付けられていました

やってみると毎日の変化が楽しみで、ずぼらな私がファスティング終了後もわざわざスマホアプリを入れて記録を継続しています

(私が使っているのはリズムケアというアプリ)

数値化してそれがグラフ化されると

ちょっとずつだけどグラフが変化していくのが嬉しいのと、一度変化したものが戻るのが嫌で、ゆるみがちな私の生活を正すストッパーになっています

例えば今日はとても好きなおかずだから以前みたいにたくさん食べちゃおっかなぁ、一日くらいいいよねぇ♪

って悪魔がささやく時にも

(; ・`д・´)ここで食べるとまたガンッ!て数字が上がるよね
じりじり右下がりになってきたグラフもびゅんって上向くよね

て想像がわいてくると

やっぱやめとこってなります

私の場合、数字やグラフを維持したい、またはもっと良いスコアを出したいがために頑張るという意外な特性が今回分かりました

自分の体形が崩れるっていうことよりどうも綺麗なグラフにしたいという気持ちが働くみたい💦

万人に通用しないかもしれませんがこんなモチベーション維持の方法もあるのだなと勉強になりました笑

皆さんはどんなことがモチベーション維持につながりますか?

 

LINE公式アカウント開設しました

お友達追加お願いします🤗

LINE公式アカウントは普通のLINEみたいに1対1のトークもできます

コーチングセッションて何するの?

とか

コミュニケーションのことでこんな悩みがあるんです、って方、それ以外にもお気軽にコメントどうぞ🙋‍♀️

未来のスーパースターにコーチング

こんにちは
スポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

見た眼は家庭教師風

昨日は6月から月一で行っている小学生のHくんのコーチングセッションの日でした
将来の明確な目標を持っているHくんをサポートしたいと考えたお父さんから依頼されたのですが
もちろんHくん自身の同意もあってのコーチングです

以前少年野球チームでメンタルコーチをしていたり
同年代の息子もいるのでスポーツをやっている小学生と話す機会は結構あります
その中でもHくんはかなり自分の目標をしっかり見つめているほうだと言えます

それでもやはりまだ小学生なので遊びの誘惑に負けてしまったり
順調に反抗期なようでお父さんにはなかなか話をしなかったり笑

でも利害関係のないどっかのおばちゃんである私には率直にいろいろ話してくれます😅

話すことで自分の取り組みについて現状把握して

あぁここは足りてないな と気づいたり

逆に
あ、おれ思ったよりここはできてる!
と自分を認めることができたり

それが次の行動につながったりもします

そうやってゴールに向かうことで
ゴールそのものに到達することと
ゴールを目指したからこそ身につく考えや能力が
その子の宝になっていくんだと思います

気がついたら8月!

ご無沙汰しております
スポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

前回のブログ投稿から気がついたら2か月弱も経ってしまってました😨
遊んでいたわけではないです💦
いやちょっと遊んでたかも。。

実はお家を引っ越していたというのがばたばたのメインの理由ですが、引っ越してひと月経ち、ようやっと落ち着いてきました

その間もブログに書きたいことはいっぱいありました!
7月6日にはスポーツをするお子さんをもつ親御さん向けのスポーツコミュニケーションセミナーを開催しました
この日は保護者、指導者あわせて11名の方にご参加いただいて、お子さんの話をどんなふうにきいたら信頼関係を築きつつやる気を引き出せるのか
そんなことをワークを交えなかがらお伝えしました
参加された方々が会の終了後、残って座談会が始まるという面白い現象が起きました

そしてもう一つ!
実は前から気になっていた、ストレスクリア®コーチングのセッションを行えるコーチになりました
これについてはどんなコーチングなのか
受けたらどうなるのか
人にしゃべりたくてしょうがないのでまた改めて書こうと思います

今年度後半のBASIC1研修の日程も決まり、親子のスポーツコミュニケーションセミナー第2弾・第3弾も予定が組めたのでどんどんアップしていきます

あとスポーツ×コミュニケーションの小ネタも載せていけたらなぁと思いますので時々のぞいてみてくださいね
それではまた~

スポーツコミュニケーションセミナーBASIC1開催しました

こんにちはスポーツコミュニケーションアドバイザーのよこやまです

毎月スポーツコーチング協会北陸支部ではスポーツの指導者の方むけにスポーツコミュニケーションセミナーを開催しております
詳しくは→

そして5月29日は私よこやまが講師をつとめさせていただきました😙
(今頃になってやっとこさアップできました💦遅すぎる!)

平日夜ということもあり4名のスポーツ指導者の方にご参加いただきました

皆さんお仕事の後にもかかわらず3時間真剣に学んでくださいました

ご参加いただいた方々ありがとうございました!