体験セッションのご感想をいただきました

こんにちは
コーチのよこじゅんです

昨日はお友達のお店に置かせてもらってるチラシをご覧くださった方との体験セッションでした

小さな赤ちゃんを抱っこしたお母さん

上にもお子さんがいらっしゃるそうでまるで昔の私を見ているようでした

頂いた感想はこちら*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
自分を、責めなくていいって言っていってもらえて嬉しかったです。毎日、時間はあるのに上手く使えず、、、、家族か気を遣うママ友やご近所さんとしかほぼ会ってなかったので、、、、話を聞いて頂けて、横山さんのお話も聞けて楽しい時間でした。。。

実は先日もまったく同じようなお母さんが体験セッションを申し込んでくださりました

その時の方のご感想*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
セッションを通して、いろいろ気付きを得られました

例えば…
・会話の中で繰り返し出てくるワードは、本当に自分がそう思っているんだなぁということ。
・多分私は0か100かで考えてしまうところがあること
例えば、調理に興味がある→調理師?でも今から学校に通って資格を取るのはハードルが高いしなぁ…と、せっかく興味を持ってもいきなり高いハードルを考えて一歩踏み出すのをやめてしまうところがあったんですが、横山さんがのっぽくんで働いていたお話を聞いて、資格なしでも働けるなら、ちょっとやってみてもいいんじゃないかな?合わなかったり、他にもっとやりたいことが見つかればやめてもいいんだし。と、柔軟に考えることが大事なのかなぁと思えました。簡単なことかもしれませんが、自分一人で悶々としているとちょっとしたことにも気がつきにくいなぁと実感しました。横山さんの優しいお人柄のおかげでとても話しやすかったですでもそこに甘んじて受け身になるのではなく、自分から何かを得ようとする姿勢が大事なのかなと思いました。なんだかまとまりの無い文章になってしまいましたお話出来て楽しかったですし、いろいろ気付けてよかったです
ありがとうございました
出産まえの仕事だけの毎日から、家事・育児・子どもにまつわる人付き合い、と環境が激変して自分の思い通りにならないことばっかりだけど何とか前に進みたいと思っていらっしゃるなぁ、とお二人ともから伝わってきました

娘ができた

こんばんは
コーチのよこじゅんです

昨日はスポーツコーチングを学びに東京に通ってた時にお友達になった
現役女子大生が急遽うちにお泊りに来てくれました

彼女は増子彩夏さんといって高校生の時に参加した合宿で出会った
素敵な大学生たちに、初めてちゃんと自分の話を聴いてもらい、
受け止めてもらったことがきっかけとなって、
それまで誰も東京大学に進学したことのない高校から
見事現役合格を果たしたというすごいストーリーを持ってる女の子です

そして今は、かつての憧れの大学生たちが自分を応援してくれたように、
高校生たちが自分の夢に気づき行動していけるきっかけ作りとして
いろんなロールモデルとなり得る大人とつないだり、話を聴いてもらえる場作りをしようと頑張っています

そんな風にがんばってる若い娘さんを見るとおばちゃんなんだか
応援したくなって、お茶しながら話を聴いたり、つながったら面白いことが
起こりそうな大人を紹介したり、ごはんや布団を用意しながら

なんか娘がいるってこんな感じかぁ
大学で遠くに行ってた娘が帰ってきたらこういう風に思うんだなぁ

なんて

娘をもつ母を疑似体験させてもらっちゃった

うちは息子しかいないからね

それから ふと
いつも実家に帰ると母親が素敵なカフェ見つけたで連れてってあげる
とか、あんたの好きそうな店があるって連れってってくれたな
と思い出した

さらに夫のほうの義母も
夫の家は男兄弟しかいないから私のこと娘みたいにかわいがってくれて
良く服を買ってくれようとしたり
純ちゃんの好きそうなパン屋さんできたから行ってみよっか
って言ってくれたね

二人がどんな気持ちで私のこと見ててくれたか
今更ながら思い出したら泣けてくる

 

彼女のおかげで思い出せました

増子さんありがとう

またどこかの娘さんを借りて母娘体験させてもらおう笑

 

 

 

 

🐢🐢🐢🐢

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

イベント情報やコミュニケーションに関するお役立ち情報などをお届けします
ご質問や雑談もこちらから気軽にお寄せください♪

甲子園がなくなったら全てが終わり!ではない

こんにちは!いや、こんばんは、かな
コーチでスポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

今日は久しぶりに友人と話していていろいろ考えました

「甲子園が中止になって選手たちは何のために野球をやってきたんですか!」

と涙ながらに語ってる人いたよねーと

本気で甲子園目指してきた子 はもちろんショックだよね
それは当然だと思う でも可哀そうとは違う気がする

甲子園だけをめざしてやってるんだ!  とか
スポーツは勝つためのもの!勝たなきゃやってる意味がない!

と思ってたら確かに目の前から何もかもなくなってしまったみたいになるかもしれない

でも少し落ち着いたら「目指すことで得られたものは何だったのか?」
ってぜひ考えてほしい

勝つためだけにと思ってやってきた人も必ずいろんなものを手にしてるはずだから

そしてこういう問いかけをしてあげられる大人が近くにいるといいなと思う

それに実は甲子園目指すために野球をやってるわけじゃない子もいっぱいいる

だから甲子園がなくなったら全てが終わり!ではない
そう思いたい大人はいると思うけど

あとこんなパターンもあるかもね

甲子園目指してガチガチにやってきたのが少しだけでも純粋に野球を楽しめる時間が訪れる可能性もある

多面的な物の見方を手に入れられるチャンスとも言えるかも

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

◎スポーツコミュニケーションおしゃべり会
5月27日 21時から23時で参加無料
Zoomリンクは参加希望の方にお知らせします
https://www.facebook.com/events/2720014564896156/

◎親子のスポーツコミュニケーションセミナー【親子の絆を整える編】
5月30日  20時から22時半 参加費2000円
https://www.kokuchpro.com/admin/e-e4635a85ecb81087af32854ed1396796/d-1199907/

🐢🐢🐢🐢

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

もやもやイライラする時もある

こんにちは!

コーチのよこじゅんです

感情がざわつく時、実は自分を観察するチャンスです

なんて書くとカッコイイけど、もやもやしてイライラして苦しくってそれをどうやってやり過ごしたかって言う話です笑

皆さん外出自粛やテレワークで普段家にいない家族が日中も顔を合わせる時間が増えてるんじゃないでしょうか
そうすると見なくていいとこまで見えちゃったりしますよね

我が家には中学2年生と高校2年生の男子2人がおります

彼ら

「よぉそんなにゲームして飽きんなぁ!」

って言うくらい一日中ゲームしてます

最初は「まぁこうやって元気で仲良くゲームしてるなんて平和や~」

なんて余裕かましてたのですが

最近私の中からむくむくと「ほんとに大丈夫なん?いいのこのままで?」

ともやもやが生まれ、やがてイライラに変わり、でも感情的に怒っても意味ないのは知ってるし、どうするこんな時、やる気引き出すんじゃなかったんか?とかいろんな思いが湧いてきてぐるぐるしておりました

やがてちょっと落ち着いてきたので

「何が嫌なん?」

と自分に聞いてみた

何か時間を浪費してる気がする、もっと有意義に使えばいいのに、、
後できっと困るよ、後悔するよ

「例えば?」

勉強するとか、素振りするとか、本読むとか、何か作るとかさ、、

そのうちこんな問いが浮かんできた
「じゃぁさ、あと100日で死ぬと思ったら何して過ごしたいと思うと思う?」

って考えたら、そうだな少なくとも勉強はせんわな😂
何か楽しいことするとか行ってみたい場所に行くとか、、

これは極端な問いだし、じゃぁ刹那的に生きていいのかっていう別の疑問は湧いてくるが、このことで自分のイライラが価値観の押しつけだったことは分かった

何の解決にもなってないけど自問自答、セルフコーチングすることで相手の話も聞かずにいきなり雷を落とすという最悪の事態はまぬがれた

危なかったゼ

いつもフラットな気持ちでいられるのが理想だけど
まだまだ出来てない

でもコーチングを学んだおかげでフラットに戻れるまでが早くなった気はするよ
よかったよかった

**お知らせ**
スポーツしてるお子さんをお持ちの親御さん、指導者さん、ただ何となく興味がある人誰でも参加可のおしゃべり会を開催します
詳しくはこちら↓↓↓をご覧ください

https://www.facebook.com/events/2720014564896156/

 

 

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

今不安に思っている人に届けたいこと

こんにちは コーチのよこじゅんです

本題に入る前にお知らせ1点
突然思い立ってLINE公式アカウント開設しました
今お友達登録してくれた方にプレゼントもあります!

プレゼント内容は一番下に書いときます笑
こんな日に限って今日は長文です(;’∀’)

友だち追加

さて本題
昨日、群馬で中学校の先生をしている大学時代の親友からLINEがきました

返信したメッセージを読んだ親友は、周りの困っている人にもシェアしていい?って言ってくれました

私個人の今考えてることなので当てはまらない人もいると思うけど
少しでもこれが役にたつと思ってくれる方がいるかもしれないと思い、こちらにも載せておきます

親友はあるオンライン会議に出席したらしいんですが私への相談の内容は

「休校中、部活ができなくなってしまった子どもたちのストレスや体力低下への恐れが課題として上がったんだけど、だれもいい意見が出せずに流れてしまい…結構深刻に悩んでるお母さんが身近にもいたので、何かいい方法があれば教えて欲しいのだけど、どうかな?」

というものでした

そして彼女のとこにはこんな声も届いているみたい

「私の息子も中3で最後の大会が…と嘆いていますが、高校に行ったら、とか、やっぱり体力維持に、とか何かしらの目的を持って、部活には臨んでいるようです。この連休は、部活はありませんが、まだ、通常の学校がある日は、部活ができるありがたさも感じるようです。(ここまで)

この県は休校じゃないみたいなので、練習はできるみたいね。

でも、私も初任の時に部活持ってたけど、自分だったらこんな時、どう声がけをしたらいいか、どう次への目標を持たせたらよいかすごく迷うと思うので、そんなヒントが欲しい人がいっぱいいそうだなと思った。

部活が停止してしまった子の様子では、1人でも練習はできるけど「みんなと野球したい!」「みんなとサッカーがやりたいんだ!」という思いが募っているということ、体力が有り余っていることや外に出られないストレスなどから、明らかにイライラしていて物に当たるようになった、親子ゲンカが増えた、という声を会議や職場で聞いた。」

同じような思いをしている方きっといっぱいいると思う

以下私の返信です

お子さんがどの程度深刻な状態なのか分からないので何とも言えないけど、今、大人ですらこの先どうなるか分からない不安や人が人を批判しあうの見てゲンナリしたり、逆にとっても攻撃的になってたりするよね

なので当然子どもたちも同じだったり無意識的に不安になってストレス溜めたり。。

それを見て親もまた不安になるよね

そんな時にモチベーション保つのはオリンピック代表レベルの選手でも難しいもんね

ただ、今ある不安やマイナスの感情がいろんな形で自分を守るためにあることに気づくと案外不安じゃなくなったりする

それは自分の話を否定せずに受けとめてくれる人に話を聴いてもらうことで可能だったりするんだけど

お子さん自身の抱える問題もあるかもしれないけど、お母さんの不安を聴いてくれる人も必要だよね
もしかしたら家の中でも夫婦間で意見の食い違いや温度差があるかもしれん

お子さんは今エネルギーがマイナスになってるかもしれん
それゼロ辺りまで上がってきたら、部活や今までしてきたことの意味や目的を考えたり、じゃあこの先どんなことを考えていきたい?って話もできるけど

うちの子ども達も何にもしてなくてゲームばっかしとるけど、何となく時間かけて自分の中で(無意識に感じてる不安を)消化しとるように見えんこともない笑

子どもの場合何かの手段で友達と連絡がとれるとまた変わったりするけどね
(中学生くらいは親より横のつながりの方が影響が大きい)

同じスポーツコミュニケーションアドバイザーで高校テニス部の外部コーチしてる方とかはオンラインでミーティングやメンタル講習したりして、つながりとモチベーションを維持したりしてる

(中略)
ゴールや目標は自分以外の要素も絡んでくるから未達成に終わることはままある

今回の状況はまさにそう

でも「目的」は自分がそれをする、したい理由だから形を変えても叶えられる

中学三年生の子がこんな形で引退するのは本当に残念やと思うけど、高校でどうありたいか、社会に出てからどんな人として生きていきたいか、自分の人生のゴールはどこか、など大きな目的から振り返ると今やることが見えてくるよね(ここまで)

これを読んだ親友からの返信にはこんなことが書かれていて

「今、この状況だからこそできることもあるし。

大人も迷っているけど、子どもがこの状況を少しでもプラスに捉えて成長できるよう、まずは自分から意識を変えていこう✨」

最終的に私が励まされ、元気をもらいました

今、先が見えなくて不安、子どもたちこのまま学校も部活も止まっててどうなっちゃう?毎日一緒にいる時間が長すぎてつらい、などいろーんな悩みが蓄積していっている方もいると思います

不安を不安だと言えて、嫌なものを嫌だと吐き出せるとずいぶん楽になりますよ

なのでよこやまじゅんこのLINE公式アカウントにお友達登録してくれた方に
無料セッションプレゼントしています
詳しく知りたい方もぜひこちらからお問い合わせください→

友だち追加

未来のスーパースターにコーチング

こんにちは
スポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

見た眼は家庭教師風

昨日は6月から月一で行っている小学生のHくんのコーチングセッションの日でした
将来の明確な目標を持っているHくんをサポートしたいと考えたお父さんから依頼されたのですが
もちろんHくん自身の同意もあってのコーチングです

以前少年野球チームでメンタルコーチをしていたり
同年代の息子もいるのでスポーツをやっている小学生と話す機会は結構あります
その中でもHくんはかなり自分の目標をしっかり見つめているほうだと言えます

それでもやはりまだ小学生なので遊びの誘惑に負けてしまったり
順調に反抗期なようでお父さんにはなかなか話をしなかったり笑

でも利害関係のないどっかのおばちゃんである私には率直にいろいろ話してくれます😅

話すことで自分の取り組みについて現状把握して

あぁここは足りてないな と気づいたり

逆に
あ、おれ思ったよりここはできてる!
と自分を認めることができたり

それが次の行動につながったりもします

そうやってゴールに向かうことで
ゴールそのものに到達することと
ゴールを目指したからこそ身につく考えや能力が
その子の宝になっていくんだと思います

春ですね

息子たちの卒業、受験、卒業、入学準備、入学準備に追われている間にあっという間に自分も職場をいったん退職していたよこやまです
普通の年でも春はめまぐるしい季節だと思いますが今年はとりわけバタバタしています

3歳離れている息子たちはそろって新しいステージに進み、私は勤め先の雇用形態を変えかっこよくいうとフリーランスに笑(結果的に)
そして実は自宅も新築中で、なにもこんなにいっぺんにやらなくてもという感じです

おかげでブログもストップしてしまいました💦

ぼーっとしてる間にイチローが引退し(語る言葉が全部師匠✨)、センバツは故郷愛知の東邦が優勝し(守備のうまさに感動)、うっかりしてる間に新元号が発表されてました

ということで、4月になったのでちゃんとブログを書こうという決意表明です笑

なんにも内容がないのもアレなので今後のお知らせを少し☟

スポーツコミュニケーションBASIC1 研修  毎月金沢で開催します!
講師は山本敏行さんとわたし横山です
詳しい内容はこのブログでまた書いていきたいと思います

日本スポーツ協会(JSPO)の資格更新単位もとれますよ(一部除外競技あり)

場所:ITビジネスプラザ武蔵
日程:4月25日 18時半から
   5月29日 18時半から
   6月29日 13時半から
   7月25日 18時半から

詳しくは 
http://sportscoaching.jp/archives/268

または  
info@yoriyokuikiru.com  まで

少年サッカーチームでスポーツコミュニケーションセミナー

スポーツコミュニケーションアドバイザー&コーチの横山純子です

昨晩は金沢市の富樫サッカースポーツ少年団さんの指導者・保護者の方たちむけに「子どもの力を引き出すスポーツコミュニケーションセミナー」と題して2時間お話をさせていただきました

連休の中日、練習後というお忙しいなかを28名の方々がご参加くださりありがとうございます

机なしのスタイルで

皆さんお部屋に入ってこられた時から仲のよい感じで私もリラックスしてスタートすることができました

コミュニケーションがスポーツの場にどのように影響するか、どんな関係性を築いていったらよいのか、そしてそのための具体的方法などを皆さん自身にも考えていただきながらすすめました

私自身、もともとコーチングを学びはじめたのが息子たちの野球きっかけだったので同じスポーツをする子をもつ親としてどうしても熱が入り、つい自分のことをべらべらしゃべってしまったように思います💦

参加した方々からはこんな感想をいただきました
 *子どもを応援しているつもりが言いすぎていた事、本当の意味で子供のためになっていなかった事がわかり、とてもよいお話を聞けました。
 *自分が前を向けました。もっと子どもとかかわって良いと思えました。
 子どもたちと毎日楽しく過ごせるポイントが沢山ありました。会話を子ども
 主体で!!
 *子どもへの声かけ、わかってはいてもなかなかできなかった
 ですが、具体的な言葉かけの例をいただいて実践してみようと思います
 *スポーツだけでなく、子育てや夫との関係でも使えそうなことばかりだっ
 たのでまずは声かけから変えていこうと思いました

自分が伝えたいことは本当に伝わっただろうかと不安に思うところもあったけど、感想を読んで自分が思った以上に皆さんのくみ取る力は強く、
いろいろ感じ取っていただけたことがとても嬉しかったです

感想の中には、子どもへの声のかけ方やコミュニケーションの重要性は分かったけど実践できるか不安といった正直な声もあり、参加していただいた方が気楽に行動に移せるような工夫がもっと必要だなと思いました
もっともっとブラッシュアップしていきたいです

ついかけてしまう厳しい一言もみんな相手を思うからこそ
本当はどこを目指しているかに合わせてより効果的な関わりかたができたら
親も子も指導者も良い関係を保ちながら一緒にゴールを目指せる
あらためてそんなことを感じました