数値化するとモチベーションが上がるパターンもあるよね

こんにちは コーチのよこじゅんです

こないだ桜が咲き始めたかなぁと思ってたらもう4月も下旬に入ってしまいました

皆さんはどうお過ごしですか?

新型コロナウィルスの感染拡大防止のためにお仕事が在宅になったり
外出を控えたりで一日の体を動かす量は相対的に減っているんじゃないかと思います

そんな中、毎日のちょっとしたことが怠け防止につながってるなぁと思ったことを書いとこうかと思います

クライアントさんとのコーチングで目標の達成具合を測るために
数値化するということを行います

例えば少年野球の選手が
「バッティングを上達しまーす!」
だけだと、どうなったら上達したことになったのかが分からないため
どう行動したらいいのかもぼんやりします

でも
「スウィングスピードを10%上げます!」
だと具体的になってきます

これは目標を明確にするための数値化です

今日書きたいのは行動した成果が数値で表されるとそれが自分のモチベーションにつながるなということを改めて実感した話

前回の投稿でミネラルファスティングに挑戦したことを書いたんですけど、そのプログラムの中で朝一に体温、体重、(体脂肪率もあったかな?)
を記録することが義務付けられていました

やってみると毎日の変化が楽しみで、ずぼらな私がファスティング終了後もわざわざスマホアプリを入れて記録を継続しています

(私が使っているのはリズムケアというアプリ)

数値化してそれがグラフ化されると

ちょっとずつだけどグラフが変化していくのが嬉しいのと、一度変化したものが戻るのが嫌で、ゆるみがちな私の生活を正すストッパーになっています

例えば今日はとても好きなおかずだから以前みたいにたくさん食べちゃおっかなぁ、一日くらいいいよねぇ♪

って悪魔がささやく時にも

(; ・`д・´)ここで食べるとまたガンッ!て数字が上がるよね
じりじり右下がりになってきたグラフもびゅんって上向くよね

て想像がわいてくると

やっぱやめとこってなります

私の場合、数字やグラフを維持したい、またはもっと良いスコアを出したいがために頑張るという意外な特性が今回分かりました

自分の体形が崩れるっていうことよりどうも綺麗なグラフにしたいという気持ちが働くみたい💦

万人に通用しないかもしれませんがこんなモチベーション維持の方法もあるのだなと勉強になりました笑

皆さんはどんなことがモチベーション維持につながりますか?

 

LINE公式アカウント開設しました

お友達追加お願いします🤗

LINE公式アカウントは普通のLINEみたいに1対1のトークもできます

コーチングセッションて何するの?

とか

コミュニケーションのことでこんな悩みがあるんです、って方、それ以外にもお気軽にコメントどうぞ🙋‍♀️

ミネラル満月ファスティング

こんにちは

コーチのよこじゅんです

今日はスポーツやコーチングとはちょっと離れた話、ファスティングについて書いてみようと思います

ファスティング  簡単に言うと断食なんですが、一時的に絶食状態を作ることで消化に使われていたエネルギーを代謝に向け、脂肪燃焼を促したり体内の不要なもの(宿便とか毒素とか)を排出するってことです

よく酵素ドリンクを使って行うものなんかを見かけたりしますが、今回のは酵素ドリンクではなく絶食期間中  にがり水を飲みながら行うものでした

詳しくは杉山佐保里(Sally)さんのブログをどうぞ↓
【現代人は食べ過ぎ】なぜファスティングで細胞が元気になるのか?

【ファスティングしてみてどうだったか】

結論から言っちゃうとめっちゃ体に良いことがいろいろ起こりました

1.体重が3キロ落ちた!
ファスティングが終了して10日ほど経ちましたがまだキープしてます✌

2.朝すっきり起きられるようになった!
もともと寝起きの悪い私がだいたい7時前に自分で目覚めるのは
奇跡なんだけど勝手に目が覚めます!でも長年の習慣が邪魔して
そのあと小一時間は布団の中でぬくぬくしてますが笑

3.おやつが欲しくない!
ファスティング前はデスクワークをしてると午前と午後に一回ずつ
どうしてもおやつが食べたくなっていたけど今は無くても平気

4.午後眠くなりにくい
お昼ご飯を食べた後14時くらいのとっても眠くなりやすい時間帯に
完全ではないけどすっきりした頭で仕事を続けられる!

【Sallyさんのミネラルファスティングの特徴】

ファスティングと言っても世の中にはいろいろあるみたいです

実は私、子どもを出産後、食と健康への関心が高まって食養の本を読んだり
玄米菜食・オーガニックを基本とするカフェで調理師をしてたこともありました

その頃は、、
できるだけ日本人が長い間培ってきた食事がやはり体にも合っているし
季節の旬のもの、大切に育てられたものをとりたい
消化能力や環境保護の観点からも動物性の食べ物もなるべく控えたい
(今は普通に食べてます)
と、思ってました
実際そういう食事をしてる時は体が喜んでる感覚があったし

でも
その頃に比べると今の私、忙しさや家族の好みにまかせてとても健康的な食生活とは言えない😫

Sallyさんのファスティングでは準備期や回復期にとる食事も伝統的な調味料を使っていたってシンプルなんだけど滋味溢れるレシピばかり
昔してた食事に近い気がする!

準備期や回復期に何をどれだけ、どんな風に調理して食べれば
良いのか細かく教えてくれます

それにいつも本当に良いものに敏感なお友達がオススメしてくれたのも
大きかったです!

そしてこのファスティングは同じスケジュールで参加する仲間がLINEグループでつながっているのでみんなの様子が分かって、不調や悩みが自分だけじゃないことが分かったり、それに対する対策を知ることができたり、何より皆も頑張ってるんだー!と感じられたり

そこがとっても心強かった

 

【ファスティングは苦行なのか?】

正直苦行でした笑

最初は
「えー!これしか食べちゃいけないの?すぐお腹すいちゃうじゃん」
と思ってたのですが、必要なものを必要なだけよく噛んで食べる

これだけのことなんだけどかなり満足感があって
準備期の時点ですでに
「日頃余計なものをたくさん食べてた、しかも必要なものはあまり食べてなかったのかも」
と早くも気づき満載♪

これは回復期のごはん 体に沁み渡る美味しさ

とかのんきに思ってる場合じゃなかった

日頃思った以上に糖質やカフェインをとっていたみたいで

頭痛がひどい!普段も片頭痛でわりかしいつも痛いけど
何か違う涙

そう、前に手術して絶飲食した時に謎の頭痛に襲われて主治医の先生も
悩んでたあの時の頭痛と同じ😭

糖質がオフされて体が猛烈に反応してたのは手術の時も今回も同じみたいです

この後、絶食期の早朝から全身びしょ濡れになるくらいの寝汗
虚脱感から丸一日寝て過ごし
最後に下半身の痛みとぼーっとする頭

そして今回期待していた宿便さんにはお会いできませんでした(;’∀’)
こんな辛い思いしたのに。。

ただ、これらの反応一つ一つには理由があって
それを解説してもらうことで
自分がしてきた食生活を振り返ることと
今の自分を客観的に知ることができました

コーチングでいうフィードバックを体からもらった感じ

この後どうするかは自分次第なのだと思います

とりあえず落ちた体重が戻るのが嫌なのと
次またファスティングするときにあんなひどい思いを
したくないという思いでなるべく
回復期にした食事や教えていただいたレシピを
中心に食事しています(いつまで続くかぁ~笑)

お知らせ

今、もやもやした不安を抱えて誰かに聞いてもらいたい
少しでも楽になりたいっていう方が
たくさんいらっしゃるのではないかと思います
そういった方のお役に少しでもたちたい

必要とする方に情報が届くようにとあれこれ画策しています
その第一弾としてTIME TICKET
に登録しました

もちろんメールでのお問い合わせでもコーチングセッション
承ります info@yoriyokuikiru.com

まずはお気軽にご相談ください☺