野球母たちの間で話題になったこと

こんにちは
コーチのよこじゅんです

この土日は次男の野球の練習試合やかつてお世話になった学童野球チームの大会を応援に行ったり結構野球三昧でした

応援に行くと久しぶりの母たちに会って
いろんな話を聞きます
わが子たちの話に加えて兄弟がやってる高校野球のことなど
母たちは応援しつつ情報交換も忙しいのです笑

そこで偶然何度も同じパターンの話を耳にしました

「やる気のない選手を奮起させるためにわざと冷遇するのだ」
という指導者がいる、と

指導者からやる気がないと思われると
実力では同等かそれ以下の下級生をわざと試合に使って
その上級生は出さない、とか
小学校高学年なんだけど低学年の子につけさせる
背番号をつけさせる など

「でもかえって選手はモチベーションだだ下がっててさ」
とどのお母さんからも聞きました

私が学童野球のメンタルコーチをしてた時も同じようなことは何度も見かけました

「逆境を這い上がってこい!それでこそメンタルが鍛えられるんだ!
だからわざと厳しい言葉をかけるのだ!」みたいな

「なにくそ!」理論

確かにこれでやる気になる子も中にはいる
でも実際はそうならない場合のほうが多い

この考えがもし機能するとしたらいくつか条件が整って成立すると考えられる

1つ目は
その選手がそこそこ自己効力感が高く
自分の頑張り次第で挽回できると信じられるタイプであること

2つ目は
その競技を好きで上手くなりたい
強くなりたい
勝ちたいと思えていること

3つ目は
指導者との信頼関係が成立していて
本当は自分に期待してくれていると選手に伝わっていること

最低でもこの3つがないと指導者の意図した結果は得られません

実は3を整えることで1と2は結果としてついてきます

そんなことされたら選手がかわいそ~、なんていう
感情論で言っているのではありません
合理的に考えてどうしたら効果的かという見方で考える必要があります

「効果的」とは成果に対して効き目がある ということ

そう考えると相手がどんなタイプの子か見極めて関わり方を変える必要があります

やる気を出して頑張ってほしい!
が求めるゴールなら関わり方は一つじゃないはずですよね

じゃぁどうすればいいの?
てことが知りたい方は
私たちスポーツコミュニケーションアドバイザーにご相談ください😀

 

 

 

 

LINE公式アカウントも お友達登録よろしくです🐢

友だち追加

甲子園がなくなったら全てが終わり!ではない

こんにちは!いや、こんばんは、かな
コーチでスポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

今日は久しぶりに友人と話していていろいろ考えました

「甲子園が中止になって選手たちは何のために野球をやってきたんですか!」

と涙ながらに語ってる人いたよねーと

本気で甲子園目指してきた子 はもちろんショックだよね
それは当然だと思う でも可哀そうとは違う気がする

甲子園だけをめざしてやってるんだ!  とか
スポーツは勝つためのもの!勝たなきゃやってる意味がない!

と思ってたら確かに目の前から何もかもなくなってしまったみたいになるかもしれない

でも少し落ち着いたら「目指すことで得られたものは何だったのか?」
ってぜひ考えてほしい

勝つためだけにと思ってやってきた人も必ずいろんなものを手にしてるはずだから

そしてこういう問いかけをしてあげられる大人が近くにいるといいなと思う

それに実は甲子園目指すために野球をやってるわけじゃない子もいっぱいいる

だから甲子園がなくなったら全てが終わり!ではない
そう思いたい大人はいると思うけど

あとこんなパターンもあるかもね

甲子園目指してガチガチにやってきたのが少しだけでも純粋に野球を楽しめる時間が訪れる可能性もある

多面的な物の見方を手に入れられるチャンスとも言えるかも

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

◎スポーツコミュニケーションおしゃべり会
5月27日 21時から23時で参加無料
Zoomリンクは参加希望の方にお知らせします
https://www.facebook.com/events/2720014564896156/

◎親子のスポーツコミュニケーションセミナー【親子の絆を整える編】
5月30日  20時から22時半 参加費2000円
https://www.kokuchpro.com/admin/e-e4635a85ecb81087af32854ed1396796/d-1199907/

🐢🐢🐢🐢

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

ZOOMファシリのサポートをして分かったこと

こんにちは
コーチのよこじゅんです

今日はZOOMの操作面で講師をサポートする役割でセミナーアシスタントをしていろいろ分かったことがありました

準備段階からの経過は飛ばして今後必要なことだけ自分の覚え書きとして書いておきます

鉄は熱いうちに打て 的な
トラブルは忘れないうちに書いとけ 的な感じです

セミナー本体の内容はFacebookに投稿したのでこちらをどうぞ

最近急激に普及してきたZOOMですが
これからオンラインでセミナーやファシリテーターをやっていきたい人にこんな準備が必要なのねと参考になったら幸いです

事前準備

端末ごとの画面の見え方、メニューの操作確認と資料化

以下は頻繁に使うのでどこを触ればいいのかさっと答えられるようにしておく

私はPC,スマホ、タブレットを使って一人ミーティングを何時間もやって、機能を試してはスクショとってパワポに書き込んで資料化しました

  • 名前の変更の仕方
    ディスカッションする場面がある場合は特に日本語表記に変えておくとお互いお名前を呼びやすくてよい
    PCは左上の「・・・」をクリック、スマホ・タブレットは画面下か上の「参加者」から変更
  • マイクのミュートと解除、ビデオのオン・オフ
  • ギャラリービュー、スピーカービューの切り替え
    PCはデフォルトでギャラリービュー、切り替えは画面右上
    スマホはスワイプすると変わる
    タブレットは左上に表示があるのでタップで切り替わり
  • 手を挙げる、拍手の表示
  • チャット
  • 考えうるトラブルの対処法

    作った自分用資料の一部

参加者への案内

  • スマホの場合ZOOMアプリのダウンロード
  • 初めての場合音声テスト、動作確認のお願い
  • トラブル時のもう一つの連絡先確保と確認
    今回、これを確保はしてあったけど何かあったらこちらに連絡しますよという念押しをしなかったのでZOOMが落ちてしまった時に一時期音信不通になる場面があった
  • 機器の充電をお願い
    断定はできないけど、どうも電池切れ寸前だとセーブモードが発動しているのかZOOMが不安定になっているように感じたので事前にある程度充電しておく方が安心(な気がする、間違ってたらごめんなさい)

セミナー中の配慮

導入時とオープンな場

  • 事前準備で挙げた基本的使い方を説明、やってみる
    マイクが表示されていない時はそもそもマイクが使える状態になっていない
    しゃべり始めたら「あれ、音が出ない」という方がいた
    マイクは表示されていたのでオーディオ設定(マイクの横の∧)で音量を上げてもらい解決
  • トラブル時に参加者がどうやって助けを求めればよいかの説明
    手を挙げる、チャット、事前に確認した連絡先にメール、電話など
  • できるだけギャラリービューで皆さんの表情を確認
    何か事件が起こっていないか笑、ついてこれているか、楽しめているか

ブレイクアウトセッション時

  • 最初にどんなものかの説明
    個室で話す感じになること
    操作はこちらでするから安心していいこと
    時間が経てば自動で戻ってこれること
    ヘルプボタンで助けを求めれること
  • 参加者名簿を用意して組み合わせをメモれるようにしておく
  • ブレイクアウト時はホストからのチャット、画面共有はきかない
    ホストから何か伝えたいときは全員へのメッセージしかない
    ただこれ目立たないのとしばらくすると消えちゃう
  • 上記の理由でブレイクアウト中に話してほしいテーマを書いておける場所がないので工夫が必要
    これ解決策はまだ考え中
  • リアルで話すより深く話せるせいか2~3分はあっという間
    じっくり話せたほうが満足度があるみたい
    セミナーの構成自体をそれに合わせてリアルとは変える必要あり

今回起きたトラブルについて

音系

  • マイクの音が出ない
    今回はオーディオ設定の音量で解決できた
  • 音が聞こえませーん!
    途中で急に一人の参加者さんだけ音が聞こえなくなるトラブル
    接続が不安定だったことが原因ぽいが詳細は分からず
    一旦退出して入りなおしてもらうとしばらく良いけどまたなる

おちる系

  • 「ZOOMアプリが接続されていません」のメッセージ
    一応ログインできているのだけど、ビデオはオフになり音声も不安定に
    途中切断したりでとても申し訳ないことに
    充電が切れそうともおっしゃってたので節電モードになっていた?

まとめ

今回初めての経験で何とかかんとか乗り切れたけど
これを講師もしながらサポートも同時にするにはかなりの準備と実践が必要かも

でも、それで参加者の皆が気持ちよく学べて充実した時間につながるのならやる意味はあると思った

以上でございます

 

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

未来のスーパースターにコーチング

こんにちは
スポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

見た眼は家庭教師風

昨日は6月から月一で行っている小学生のHくんのコーチングセッションの日でした
将来の明確な目標を持っているHくんをサポートしたいと考えたお父さんから依頼されたのですが
もちろんHくん自身の同意もあってのコーチングです

以前少年野球チームでメンタルコーチをしていたり
同年代の息子もいるのでスポーツをやっている小学生と話す機会は結構あります
その中でもHくんはかなり自分の目標をしっかり見つめているほうだと言えます

それでもやはりまだ小学生なので遊びの誘惑に負けてしまったり
順調に反抗期なようでお父さんにはなかなか話をしなかったり笑

でも利害関係のないどっかのおばちゃんである私には率直にいろいろ話してくれます😅

話すことで自分の取り組みについて現状把握して

あぁここは足りてないな と気づいたり

逆に
あ、おれ思ったよりここはできてる!
と自分を認めることができたり

それが次の行動につながったりもします

そうやってゴールに向かうことで
ゴールそのものに到達することと
ゴールを目指したからこそ身につく考えや能力が
その子の宝になっていくんだと思います

BASIC1研修

明日は月に一回私たちスポーツコーチング協会北陸支部で開催しているBASIC1研修の日です
講師は山本敏行氏、通称やまぱんさんです

JSPO日本スポーツ協会(旧日体協)の公認指導者資格更新研修にも認定されています(一部除外競技あり)

じゃあJSPOの資格持ってる人しか受けられないの?

そんなことありません!

資格を持ってないスポーツ指導者の方もOKです
さらに指導者の方じゃなくてもOKです

これまで参加された方は資格保有者以外に中学・高校の先生や地域で子どもにスポーツを教えていらっしゃる方などさまざまです

スポーツや習い事をしているお子さんの保護者の方にも使える内容です

研修に参加するとコミュニケーションを通して選手やチームの力を引き出すための基本的な考え方や、具体的な方法が身に付きます

4月はもう締め切っていますがまだまだ↓↓開催していくのでぜひご参加ください🤗
(5月は私よこやまが講師をつとめさせていただきます)

スポーツコミュニケーションセミナーBASIC1 北陸開催
☆今後の日程☆

練習見学 デポルターレH.C編

昨日は私たち日本スポーツコーチング協会北陸支部の研修に参加してくださった松田雄誠さんのハンドボールチーム、デポルターレH.C を私と山本講師と二人で見学させていただき、指導者の皆さんにもお話をうかがうことができました

小松市南部中学校体育館で活動するデポルターレH.Cは保育園年長さんから小学校6年生までが在籍するハンドボールチームです
石川県は全国でもハンドボールが盛んな地域で
その裾野を担っているチームと言えます

まずはじめに子どもたちがまぁ楽しそうに体育館にやってくること!
みんなの明るい表情やぴょんぴょこ跳ねながら体育館に入ってくるとこなんか、この時間を楽しみにしてたことがすごく伝わってきます

 

保育園児さんたちは風船やカラーバットを使って
高学年の練習

練習は保育園チーム、小学生チームと大きく2つに分けて行われています

チーム名のデポルターレはsportsの語源となったラテン語 deportare
からきているそうです

意味は 気晴らし、休養する、楽しむ、遊ぶ

「ハンドボールは跳ぶ・投げる・走るといったスポーツに必要な要素がすべて入っている
デポルターレH.Cではハンドボールを通して子どもたちがスポーツを楽しむきっかけになってほしい」
と松田さんは語られていました

練習前に他のコーチの方にもお話をうかがったところ少し前までは
「なんでできんのや?」
と言ったり、笑顔はひとつもなく厳しい練習ばかりしていたそうです
それが少し前から「楽しむ」ということへ意識的にシフトしてきたそうです

「どうしてですか?」と聞いたところ
「スポーツを嫌いになっちゃうから」という答え

まず、スポーツを好きになってほしい!
スポーツをする楽しさを味わってほしい!

という思いが伝わってきました

ラダーを使った練習では子どもの横に立って一緒にステップを踏み

「もっと声だせよー!」と言いたくなる場面でも無言(でも表情は柔らかく)で耳に手をあてて近づいていったり

高学年から低学年の縦割りチームを作って、わからないことは先頭の高学年に聞くんだぞーと指示して子ども同士のコミュニケーションを増やす工夫などもされていました

 

子どもたちのお母さんにも少しお話を聞いたところ
なんとデポルターレに来ることでこどものストレスがなくなるんだそうです!

今はぜんぜん弱くてーとコーチはおっしゃってましたが
まず子どもたちがハンドボールを好きになる、楽しむ
コーチ・子ども・保護者の信頼関係が出来上がっている
という点で今後がとても楽しみなチームだと思いました

今後は3対3でするストリートハンドボールの普及にも力を入れていきたいそうです

子どもたちが楽しみながら人としても成長し、
なおかつその競技で結果が残せる
そんなチームを作りたい指導者さんや保護者さんを応援したい!
というのが私の思いです

これからもご縁がつながった素晴らしいチームや指導者さんのことを紹介していきたいと思います

松田さん、デポルターレの皆さんありがとうございました!

春ですね

息子たちの卒業、受験、卒業、入学準備、入学準備に追われている間にあっという間に自分も職場をいったん退職していたよこやまです
普通の年でも春はめまぐるしい季節だと思いますが今年はとりわけバタバタしています

3歳離れている息子たちはそろって新しいステージに進み、私は勤め先の雇用形態を変えかっこよくいうとフリーランスに笑(結果的に)
そして実は自宅も新築中で、なにもこんなにいっぺんにやらなくてもという感じです

おかげでブログもストップしてしまいました💦

ぼーっとしてる間にイチローが引退し(語る言葉が全部師匠✨)、センバツは故郷愛知の東邦が優勝し(守備のうまさに感動)、うっかりしてる間に新元号が発表されてました

ということで、4月になったのでちゃんとブログを書こうという決意表明です笑

なんにも内容がないのもアレなので今後のお知らせを少し☟

スポーツコミュニケーションBASIC1 研修  毎月金沢で開催します!
講師は山本敏行さんとわたし横山です
詳しい内容はこのブログでまた書いていきたいと思います

日本スポーツ協会(JSPO)の資格更新単位もとれますよ(一部除外競技あり)

場所:ITビジネスプラザ武蔵
日程:4月25日 18時半から
   5月29日 18時半から
   6月29日 13時半から
   7月25日 18時半から

詳しくは 
http://sportscoaching.jp/archives/268

または  
info@yoriyokuikiru.com  まで

少年サッカーチームでスポーツコミュニケーションセミナー

スポーツコミュニケーションアドバイザー&コーチの横山純子です

昨晩は金沢市の富樫サッカースポーツ少年団さんの指導者・保護者の方たちむけに「子どもの力を引き出すスポーツコミュニケーションセミナー」と題して2時間お話をさせていただきました

連休の中日、練習後というお忙しいなかを28名の方々がご参加くださりありがとうございます

机なしのスタイルで

皆さんお部屋に入ってこられた時から仲のよい感じで私もリラックスしてスタートすることができました

コミュニケーションがスポーツの場にどのように影響するか、どんな関係性を築いていったらよいのか、そしてそのための具体的方法などを皆さん自身にも考えていただきながらすすめました

私自身、もともとコーチングを学びはじめたのが息子たちの野球きっかけだったので同じスポーツをする子をもつ親としてどうしても熱が入り、つい自分のことをべらべらしゃべってしまったように思います💦

参加した方々からはこんな感想をいただきました
 *子どもを応援しているつもりが言いすぎていた事、本当の意味で子供のためになっていなかった事がわかり、とてもよいお話を聞けました。
 *自分が前を向けました。もっと子どもとかかわって良いと思えました。
 子どもたちと毎日楽しく過ごせるポイントが沢山ありました。会話を子ども
 主体で!!
 *子どもへの声かけ、わかってはいてもなかなかできなかった
 ですが、具体的な言葉かけの例をいただいて実践してみようと思います
 *スポーツだけでなく、子育てや夫との関係でも使えそうなことばかりだっ
 たのでまずは声かけから変えていこうと思いました

自分が伝えたいことは本当に伝わっただろうかと不安に思うところもあったけど、感想を読んで自分が思った以上に皆さんのくみ取る力は強く、
いろいろ感じ取っていただけたことがとても嬉しかったです

感想の中には、子どもへの声のかけ方やコミュニケーションの重要性は分かったけど実践できるか不安といった正直な声もあり、参加していただいた方が気楽に行動に移せるような工夫がもっと必要だなと思いました
もっともっとブラッシュアップしていきたいです

ついかけてしまう厳しい一言もみんな相手を思うからこそ
本当はどこを目指しているかに合わせてより効果的な関わりかたができたら
親も子も指導者も良い関係を保ちながら一緒にゴールを目指せる
あらためてそんなことを感じました

今年の初セミナー

こんばんは スポーツコミュニケーションアドバイザーの横山純子です

今日は石川県バウンドテニス協会さんのレベルアップ講習会で『ダブルスペアの力を最大化させるスポーツコミュニケーションセミナー』と題してお話させていただきました

前半はスポーツをするうえでコミュニケーションの果たす役割や影響力、人がゴールに向かって行動する時に考えるべき2つの公式についてお伝えし、
テーブルごと三人でディスカッションしてもらい、考え話し合ってもらいました

後半は各自のコミュニケーションスタイル分析を通して、人間関係構築の根幹にくる相手に感心をもつというところを実感していただきました

同じタイプの人で集まり、言われて嬉しい言葉・嫌な言葉を見つけるワークでは見つけた言葉の内容もさることながら話し合うその様子に如実に各タイプの特徴が表れておりとても興味深かったです笑

プロモーターグループはとにかく盛り上がる!
そして板書のビックリマークがやたら多い
アナライザーグループは最初誰もしゃべらない
サポーターグループはおだやかに話し合う
コントローラーグループは板書もシンプル

といった感じです

まだアンケートが手元に届いていないので細かい感想などは分かりませんが、ふりかえりをしていただいている時
「私めっちゃ○○やって、ほんんと××しなきゃいけないと思ったわ~」
という声も聞こえ、最低でもおひとりの方には何かしらを感じとっていただけたのではと思います

前回はPCのケーブルにつまずいてテーブルからPCが落ちそうになるという事件がありました😅
今回ドタバタの規模がやや縮小して、机の上の筆箱が手に当たりぶっ飛んでいくと言う程度でおさまりました
日々成長してるかも私、笑

研修講師としていろいろな方とお会いし、ともに学ぶ時間はとても楽しくスリリングなものです
当然そこに行きつくまでの産みの苦しみはありますが毎回家族に支えられて乗り越えてきているなと強く実感します

今日ご参加いただいた皆さま本当にありがとうございました



はじめまして

コーチングやコミュニケーションのこと

我が子を通していろいろ考えるようになった

スポーツ指導者と選手のこと

そして日々の暮らしのこと

少しずつ感じるところを書いていきたいな

と思ってます

私が日々感じることが誰かのお役に立てますように