自分のことを話すといいことあるよ

こんにちは、コーチでスポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

銀座コーチングスクール(GCS)の横浜校のオンラインクラスにアシスタント参加しました

GCSではコーチングの練習の題材としてよく自分のそれまでのちょっとした経験を振り返るワークをします
昨日は認める(承認)と聴くがテーマでした

たとえば昨日は「子どものころ楽しかったことは?」というテーマでお互い5分ずつ聴きあうのです

これと言って特別なテーマではないのだけど、相手がしっかり受け止めてくれて関心を持って聴いてくれるからつい気持ちよくなって思ってたことの3割増しくらいでしゃべっちゃうわけです笑

家の前の神社で忍者ごっことかして
裏の杜で蛇に石ぶつけちゃったなぁとか
アリの巣に爆竹入れてたなぁとか

父親がアウトドアショップやってたから近くの山に登りに行ったり
カヌーで遊んだなぁとか

話してるうちに

何だ、私外にばっかいたねー
そういや仕事も遺跡の発掘してたっけ

なんて5分でたくさんしゃべっちゃいます

こうやって自分のことたくさん聴いてもらうと、
話したほうも聴いた方もなんかすごく親しみが湧いて
ずっと前から友達だったみたいな感覚になるから不思議

専門用語で自己開示って言います

自己開示してくれた相手には親近感がわくし
話した自分にも
「なんか私って面白いことやってきたんだな」って肯定的に思えたりする

自己開示 一度で二度おいしい感じです

🐢🐢🐢🐢

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です