自分のことを話すといいことあるよ

こんにちは、コーチでスポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

銀座コーチングスクール(GCS)の横浜校のオンラインクラスにアシスタント参加しました

GCSではコーチングの練習の題材としてよく自分のそれまでのちょっとした経験を振り返るワークをします
昨日は認める(承認)と聴くがテーマでした

たとえば昨日は「子どものころ楽しかったことは?」というテーマでお互い5分ずつ聴きあうのです

これと言って特別なテーマではないのだけど、相手がしっかり受け止めてくれて関心を持って聴いてくれるからつい気持ちよくなって思ってたことの3割増しくらいでしゃべっちゃうわけです笑

家の前の神社で忍者ごっことかして
裏の杜で蛇に石ぶつけちゃったなぁとか
アリの巣に爆竹入れてたなぁとか

父親がアウトドアショップやってたから近くの山に登りに行ったり
カヌーで遊んだなぁとか

話してるうちに

何だ、私外にばっかいたねー
そういや仕事も遺跡の発掘してたっけ

なんて5分でたくさんしゃべっちゃいます

こうやって自分のことたくさん聴いてもらうと、
話したほうも聴いた方もなんかすごく親しみが湧いて
ずっと前から友達だったみたいな感覚になるから不思議

専門用語で自己開示って言います

自己開示してくれた相手には親近感がわくし
話した自分にも
「なんか私って面白いことやってきたんだな」って肯定的に思えたりする

自己開示 一度で二度おいしい感じです

🐢🐢🐢🐢

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

もやもやイライラする時もある

こんにちは!

コーチのよこじゅんです

感情がざわつく時、実は自分を観察するチャンスです

なんて書くとカッコイイけど、もやもやしてイライラして苦しくってそれをどうやってやり過ごしたかって言う話です笑

皆さん外出自粛やテレワークで普段家にいない家族が日中も顔を合わせる時間が増えてるんじゃないでしょうか
そうすると見なくていいとこまで見えちゃったりしますよね

我が家には中学2年生と高校2年生の男子2人がおります

彼ら

「よぉそんなにゲームして飽きんなぁ!」

って言うくらい一日中ゲームしてます

最初は「まぁこうやって元気で仲良くゲームしてるなんて平和や~」

なんて余裕かましてたのですが

最近私の中からむくむくと「ほんとに大丈夫なん?いいのこのままで?」

ともやもやが生まれ、やがてイライラに変わり、でも感情的に怒っても意味ないのは知ってるし、どうするこんな時、やる気引き出すんじゃなかったんか?とかいろんな思いが湧いてきてぐるぐるしておりました

やがてちょっと落ち着いてきたので

「何が嫌なん?」

と自分に聞いてみた

何か時間を浪費してる気がする、もっと有意義に使えばいいのに、、
後できっと困るよ、後悔するよ

「例えば?」

勉強するとか、素振りするとか、本読むとか、何か作るとかさ、、

そのうちこんな問いが浮かんできた
「じゃぁさ、あと100日で死ぬと思ったら何して過ごしたいと思うと思う?」

って考えたら、そうだな少なくとも勉強はせんわな😂
何か楽しいことするとか行ってみたい場所に行くとか、、

これは極端な問いだし、じゃぁ刹那的に生きていいのかっていう別の疑問は湧いてくるが、このことで自分のイライラが価値観の押しつけだったことは分かった

何の解決にもなってないけど自問自答、セルフコーチングすることで相手の話も聞かずにいきなり雷を落とすという最悪の事態はまぬがれた

危なかったゼ

いつもフラットな気持ちでいられるのが理想だけど
まだまだ出来てない

でもコーチングを学んだおかげでフラットに戻れるまでが早くなった気はするよ
よかったよかった

**お知らせ**
スポーツしてるお子さんをお持ちの親御さん、指導者さん、ただ何となく興味がある人誰でも参加可のおしゃべり会を開催します
詳しくはこちら↓↓↓をご覧ください

https://www.facebook.com/events/2720014564896156/

 

 

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

敵だと思ってたら宝物だった

こんにちは

コーチのよこじゅんです

今日はストレスクリア®コーチングを受けてくださった女性のおはなし

私が提供しているコーチングには普通の?コーチングともうひとつストレスクリア®コーチングというものがあります

どちらも対話によって相手の気づきを引き出す点は同じですが、ストレスクリア(以下略してストクリ)はその人の中にある葛藤を主に扱います

なので自分の変えたい部分とか不安とかどうしても上手くいかないこととかネガティブなことに焦点があたります

じゃあゴリゴリに辛い感じとか苦しい感じになるかというと真逆な感じでむしろ笑えます

私がクライアント側で受けるときは大概爆笑で涙が止まりません😅

自分にとってのだめな部分が愛おしくなるような感じ

「自然な形でコミュニケーションとりたいけど、ぎこちなく構えてしまう」
というテーマでセッションを受けてくださった女性Aさんですが、その葛藤をのぞいていったら

「どちらにしても人を信じたいんだなぁ」

っていうことに気づかれたようです

人を信じたいからぎこちなく構えてしまうし

人を信じたいから自然な形でコミュニケーションとりたい

最後には

「びびりだからこそここまで思える!
ぎこちなさは宝物なんだな!
敵から宝物になりました!」

っておっしゃってた

その時のお顔、
何て晴ればれとしているんだ!
と私も嬉しくなりました

ストクリのコーチ資格は一年近く前にとっていたのにあんまりオープンにしてきていませんでした

でも世の中に不安や葛藤がたくさんある今だからこそストクリが役立つ人がいっぱいいらっしゃる気がします

ちょっとずつストクリについても詳しく書いていきますね

それとスポーツコミュニケーションにつていも忘れずに笑

 

LINE公式アカウント お友達登録よろしくです😃

友だち追加

登録してくれた方にコーチング無料セッションプレゼント中🎁

今不安に思っている人に届けたいこと

こんにちは コーチのよこじゅんです

本題に入る前にお知らせ1点
突然思い立ってLINE公式アカウント開設しました
今お友達登録してくれた方にプレゼントもあります!

プレゼント内容は一番下に書いときます笑
こんな日に限って今日は長文です(;’∀’)

友だち追加

さて本題
昨日、群馬で中学校の先生をしている大学時代の親友からLINEがきました

返信したメッセージを読んだ親友は、周りの困っている人にもシェアしていい?って言ってくれました

私個人の今考えてることなので当てはまらない人もいると思うけど
少しでもこれが役にたつと思ってくれる方がいるかもしれないと思い、こちらにも載せておきます

親友はあるオンライン会議に出席したらしいんですが私への相談の内容は

「休校中、部活ができなくなってしまった子どもたちのストレスや体力低下への恐れが課題として上がったんだけど、だれもいい意見が出せずに流れてしまい…結構深刻に悩んでるお母さんが身近にもいたので、何かいい方法があれば教えて欲しいのだけど、どうかな?」

というものでした

そして彼女のとこにはこんな声も届いているみたい

「私の息子も中3で最後の大会が…と嘆いていますが、高校に行ったら、とか、やっぱり体力維持に、とか何かしらの目的を持って、部活には臨んでいるようです。この連休は、部活はありませんが、まだ、通常の学校がある日は、部活ができるありがたさも感じるようです。(ここまで)

この県は休校じゃないみたいなので、練習はできるみたいね。

でも、私も初任の時に部活持ってたけど、自分だったらこんな時、どう声がけをしたらいいか、どう次への目標を持たせたらよいかすごく迷うと思うので、そんなヒントが欲しい人がいっぱいいそうだなと思った。

部活が停止してしまった子の様子では、1人でも練習はできるけど「みんなと野球したい!」「みんなとサッカーがやりたいんだ!」という思いが募っているということ、体力が有り余っていることや外に出られないストレスなどから、明らかにイライラしていて物に当たるようになった、親子ゲンカが増えた、という声を会議や職場で聞いた。」

同じような思いをしている方きっといっぱいいると思う

以下私の返信です

お子さんがどの程度深刻な状態なのか分からないので何とも言えないけど、今、大人ですらこの先どうなるか分からない不安や人が人を批判しあうの見てゲンナリしたり、逆にとっても攻撃的になってたりするよね

なので当然子どもたちも同じだったり無意識的に不安になってストレス溜めたり。。

それを見て親もまた不安になるよね

そんな時にモチベーション保つのはオリンピック代表レベルの選手でも難しいもんね

ただ、今ある不安やマイナスの感情がいろんな形で自分を守るためにあることに気づくと案外不安じゃなくなったりする

それは自分の話を否定せずに受けとめてくれる人に話を聴いてもらうことで可能だったりするんだけど

お子さん自身の抱える問題もあるかもしれないけど、お母さんの不安を聴いてくれる人も必要だよね
もしかしたら家の中でも夫婦間で意見の食い違いや温度差があるかもしれん

お子さんは今エネルギーがマイナスになってるかもしれん
それゼロ辺りまで上がってきたら、部活や今までしてきたことの意味や目的を考えたり、じゃあこの先どんなことを考えていきたい?って話もできるけど

うちの子ども達も何にもしてなくてゲームばっかしとるけど、何となく時間かけて自分の中で(無意識に感じてる不安を)消化しとるように見えんこともない笑

子どもの場合何かの手段で友達と連絡がとれるとまた変わったりするけどね
(中学生くらいは親より横のつながりの方が影響が大きい)

同じスポーツコミュニケーションアドバイザーで高校テニス部の外部コーチしてる方とかはオンラインでミーティングやメンタル講習したりして、つながりとモチベーションを維持したりしてる

(中略)
ゴールや目標は自分以外の要素も絡んでくるから未達成に終わることはままある

今回の状況はまさにそう

でも「目的」は自分がそれをする、したい理由だから形を変えても叶えられる

中学三年生の子がこんな形で引退するのは本当に残念やと思うけど、高校でどうありたいか、社会に出てからどんな人として生きていきたいか、自分の人生のゴールはどこか、など大きな目的から振り返ると今やることが見えてくるよね(ここまで)

これを読んだ親友からの返信にはこんなことが書かれていて

「今、この状況だからこそできることもあるし。

大人も迷っているけど、子どもがこの状況を少しでもプラスに捉えて成長できるよう、まずは自分から意識を変えていこう✨」

最終的に私が励まされ、元気をもらいました

今、先が見えなくて不安、子どもたちこのまま学校も部活も止まっててどうなっちゃう?毎日一緒にいる時間が長すぎてつらい、などいろーんな悩みが蓄積していっている方もいると思います

不安を不安だと言えて、嫌なものを嫌だと吐き出せるとずいぶん楽になりますよ

なのでよこやまじゅんこのLINE公式アカウントにお友達登録してくれた方に
無料セッションプレゼントしています
詳しく知りたい方もぜひこちらからお問い合わせください→

友だち追加

数値化するとモチベーションが上がるパターンもあるよね

こんにちは コーチのよこじゅんです

こないだ桜が咲き始めたかなぁと思ってたらもう4月も下旬に入ってしまいました

皆さんはどうお過ごしですか?

新型コロナウィルスの感染拡大防止のためにお仕事が在宅になったり
外出を控えたりで一日の体を動かす量は相対的に減っているんじゃないかと思います

そんな中、毎日のちょっとしたことが怠け防止につながってるなぁと思ったことを書いとこうかと思います

クライアントさんとのコーチングで目標の達成具合を測るために
数値化するということを行います

例えば少年野球の選手が
「バッティングを上達しまーす!」
だけだと、どうなったら上達したことになったのかが分からないため
どう行動したらいいのかもぼんやりします

でも
「スウィングスピードを10%上げます!」
だと具体的になってきます

これは目標を明確にするための数値化です

今日書きたいのは行動した成果が数値で表されるとそれが自分のモチベーションにつながるなということを改めて実感した話

前回の投稿でミネラルファスティングに挑戦したことを書いたんですけど、そのプログラムの中で朝一に体温、体重、(体脂肪率もあったかな?)
を記録することが義務付けられていました

やってみると毎日の変化が楽しみで、ずぼらな私がファスティング終了後もわざわざスマホアプリを入れて記録を継続しています

(私が使っているのはリズムケアというアプリ)

数値化してそれがグラフ化されると

ちょっとずつだけどグラフが変化していくのが嬉しいのと、一度変化したものが戻るのが嫌で、ゆるみがちな私の生活を正すストッパーになっています

例えば今日はとても好きなおかずだから以前みたいにたくさん食べちゃおっかなぁ、一日くらいいいよねぇ♪

って悪魔がささやく時にも

(; ・`д・´)ここで食べるとまたガンッ!て数字が上がるよね
じりじり右下がりになってきたグラフもびゅんって上向くよね

て想像がわいてくると

やっぱやめとこってなります

私の場合、数字やグラフを維持したい、またはもっと良いスコアを出したいがために頑張るという意外な特性が今回分かりました

自分の体形が崩れるっていうことよりどうも綺麗なグラフにしたいという気持ちが働くみたい💦

万人に通用しないかもしれませんがこんなモチベーション維持の方法もあるのだなと勉強になりました笑

皆さんはどんなことがモチベーション維持につながりますか?

 

LINE公式アカウント開設しました

お友達追加お願いします🤗

LINE公式アカウントは普通のLINEみたいに1対1のトークもできます

コーチングセッションて何するの?

とか

コミュニケーションのことでこんな悩みがあるんです、って方、それ以外にもお気軽にコメントどうぞ🙋‍♀️

オンラインホワイトボードmiroって面白い

  • こんにちは

コーチの横山純子です

ZOOM講座:オンラインホワイトボードmiroを使ったファシリテーションワークショップ

に参加しました

新型コロナの影響であちこちでイベントが中止になる中、セミナーや講座もどんどん中止になっております

そんな状況下で注目されているのがオンラインミーティングを可能にするZoomです

ミーティングや会議だけではなく、私も含めコーチの方達は以前からコーチングセッションにも使っているし、これからセミナー活用もどんどん増えてくると思います

Zoomをやっている時はこんな感じで見えてます

そしてこの日はさらにmiroを使ってファシリテーションをするための講座だったのです

Miroの詳しい登録の仕方や使い方についてはいろいろなサイトに載ってますが、こちらが詳しくて分かりやすかったのでご参考にどうぞ

便利なオンラインホワイトボードサービスmiro(ミロ)の使い方の基本

Miroはパソコン、スマホ、タブレットなどの端末で使えるホワイトボードで、オンラインでいろんな人と共有しながらアイデアを可視化できるツールです

実際のホワイトボードのように書き込めるのはもちろん、付箋を貼ったり画像を貼り付けたりもできます

皆で付箋を貼るとこんなことに

Miroのここが面白い!

いろんなとこからアクセスしてる人たちと1つのボード上でディスカッションできる

まるで模造紙を皆で囲んで付箋を貼ったり書き込んだりするように使えます

私のような視覚優位な人には可視化されるのってかなり有難いです

結構かゆいところに手が届くカスタマイズ性

付箋の色はたくさん用意されており大きさも自由に決められます

それを繋ぐ矢印も何パターンか用意されていて使い方もかなり直感的に使えます

また最初からマインドマップを書くためのテンプレートなんかも用意されてるのがすごいっす

ボードの広さが無限

Zoomにも実は共有画面にする時にホワイトボードを選べる機能があって、複数人で書き込んだりはできます

しかし、Zoomのホワイトボードには画面分の広さしかありません

あと付箋もないです

😩残念なところ

・登録画面も説明も全て英語

・広がりは無限だけど全体を俯瞰したくて画面を縮小すると今度は文字が小さくなり過ぎて見えない

・無料版はホワイトボードが3つしかない

🌸全体的な感想🌸

オンラインでやるミーティングやコーチングセッションにはかなり使えるという感触と、使っててワクワク感のあるサービスだなと思いました

離れたとこにいる人たちと共同作業ができることで、メンバーの間に不思議と一体感が醸されるのが面白かったです

途中

「わー!付箋が大きくなり過ぎたー!」とか

「ごめんなさい、マトリクス図の軸そのものを動かしちゃいました💦」

などハプニングも楽しめます笑

もちろん、オンラインではなく個人の持ち歩き可能なホワイトボードという使い方もいいと思います

皆さんも良かったら試してみてくださいね〜😃

未来のスーパースターにコーチング

こんにちは
スポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

見た眼は家庭教師風

昨日は6月から月一で行っている小学生のHくんのコーチングセッションの日でした
将来の明確な目標を持っているHくんをサポートしたいと考えたお父さんから依頼されたのですが
もちろんHくん自身の同意もあってのコーチングです

以前少年野球チームでメンタルコーチをしていたり
同年代の息子もいるのでスポーツをやっている小学生と話す機会は結構あります
その中でもHくんはかなり自分の目標をしっかり見つめているほうだと言えます

それでもやはりまだ小学生なので遊びの誘惑に負けてしまったり
順調に反抗期なようでお父さんにはなかなか話をしなかったり笑

でも利害関係のないどっかのおばちゃんである私には率直にいろいろ話してくれます😅

話すことで自分の取り組みについて現状把握して

あぁここは足りてないな と気づいたり

逆に
あ、おれ思ったよりここはできてる!
と自分を認めることができたり

それが次の行動につながったりもします

そうやってゴールに向かうことで
ゴールそのものに到達することと
ゴールを目指したからこそ身につく考えや能力が
その子の宝になっていくんだと思います

気がついたら8月!

ご無沙汰しております
スポーツコミュニケーションアドバイザーのよこじゅんです

前回のブログ投稿から気がついたら2か月弱も経ってしまってました😨
遊んでいたわけではないです💦
いやちょっと遊んでたかも。。

実はお家を引っ越していたというのがばたばたのメインの理由ですが、引っ越してひと月経ち、ようやっと落ち着いてきました

その間もブログに書きたいことはいっぱいありました!
7月6日にはスポーツをするお子さんをもつ親御さん向けのスポーツコミュニケーションセミナーを開催しました
この日は保護者、指導者あわせて11名の方にご参加いただいて、お子さんの話をどんなふうにきいたら信頼関係を築きつつやる気を引き出せるのか
そんなことをワークを交えなかがらお伝えしました
参加された方々が会の終了後、残って座談会が始まるという面白い現象が起きました

そしてもう一つ!
実は前から気になっていた、ストレスクリア®コーチングのセッションを行えるコーチになりました
これについてはどんなコーチングなのか
受けたらどうなるのか
人にしゃべりたくてしょうがないのでまた改めて書こうと思います

今年度後半のBASIC1研修の日程も決まり、親子のスポーツコミュニケーションセミナー第2弾・第3弾も予定が組めたのでどんどんアップしていきます

あとスポーツ×コミュニケーションの小ネタも載せていけたらなぁと思いますので時々のぞいてみてくださいね
それではまた~

伝えたいのは

こんにちは
ゴールデンウイークも真ん中まできて皆さんどんな過ごし方をしていますか?
元号が変わったことへの感動や興奮はとくに感じていないながら
なんとなく平成最後!や令和最初の!に乗っかったりしています笑

昨日Facebookにもあげたのですがストレスクリアコーチとして活躍中の
おおはしりなちんのコーチングセッションを受けてきました

今回はストクリではなく普通の?コーチングセッションです
(ストレスクリアについて興味のある方はりなちんのブログへ)

りなちんは私と同じ銀座コーチングスクールの同期生でもあります
彼女と一緒にいるとコーチ同士ということも忘れつい素の自分ではしゃいでしまいます

今回りなちんにお願いしたのは

開業届けを出すにあたって屋号を決めたい!
でも自分じゃ何にしていいか分からない!

ということで計3回ほどセッションを受けました

セッションを受ける中で屋号のもとになるキーワードよりももっと大事な
ことを引き出してもらったんす

私が大切にしたいもの
伝えたいこと

さらに私のセッションを受けたほうがいい理由
(これはどんな人に必要とされるかにつながってくるんだと思う)

そして私のクライアントになる人は何を知りたくてどんな変化をするか

そしてどんなコーチになりたくてどんなコーチになりたくないのか!

と、

私、やっぱり人の成長に関わる人をサポートしたいっていう思いが強くて
それはスポーツを子どもに教える指導者だけじゃなくて
子育て中の親や学校の先生とかいろんな人

そういう人をサポートすることによって伝えたいのは

人と人とのつながりって大事だってことと

何か目標をかかげてそれに向かう途中で手にするものが
その人の人生を豊かにするし

日々のいろんな場面でする選択を納得感をもって決断できる

そうすると人生は楽しくなる

そんなきっかけを作りたいってことだったのです

いや、すげー壮大😮
でもめざすイメージはそこなんだと

それを可能にするために自分自身をもっと磨かなきゃね

ある伝統工芸の職人さんが言ってた
”一生一人前ってのはない、死ぬまで修行だ” って

それで最終的に出てきたキーワードは

トランキラ🐢

この言葉を屋号に使おうと思う

『がんばりやのかめトランキラ』
知ってるひといるかなぁ
ミヒャエル・エンデ原作の絵本です

どんなお話か気になる人は今度よこやまに会った時につっこんでみてください笑

それではまた~

☆スポーツコミュニケーションセミナー毎月好評開催中です☆
5月はよこやまが講師です

少年サッカーチームでスポーツコミュニケーションセミナー

スポーツコミュニケーションアドバイザー&コーチの横山純子です

昨晩は金沢市の富樫サッカースポーツ少年団さんの指導者・保護者の方たちむけに「子どもの力を引き出すスポーツコミュニケーションセミナー」と題して2時間お話をさせていただきました

連休の中日、練習後というお忙しいなかを28名の方々がご参加くださりありがとうございます

机なしのスタイルで

皆さんお部屋に入ってこられた時から仲のよい感じで私もリラックスしてスタートすることができました

コミュニケーションがスポーツの場にどのように影響するか、どんな関係性を築いていったらよいのか、そしてそのための具体的方法などを皆さん自身にも考えていただきながらすすめました

私自身、もともとコーチングを学びはじめたのが息子たちの野球きっかけだったので同じスポーツをする子をもつ親としてどうしても熱が入り、つい自分のことをべらべらしゃべってしまったように思います💦

参加した方々からはこんな感想をいただきました
 *子どもを応援しているつもりが言いすぎていた事、本当の意味で子供のためになっていなかった事がわかり、とてもよいお話を聞けました。
 *自分が前を向けました。もっと子どもとかかわって良いと思えました。
 子どもたちと毎日楽しく過ごせるポイントが沢山ありました。会話を子ども
 主体で!!
 *子どもへの声かけ、わかってはいてもなかなかできなかった
 ですが、具体的な言葉かけの例をいただいて実践してみようと思います
 *スポーツだけでなく、子育てや夫との関係でも使えそうなことばかりだっ
 たのでまずは声かけから変えていこうと思いました

自分が伝えたいことは本当に伝わっただろうかと不安に思うところもあったけど、感想を読んで自分が思った以上に皆さんのくみ取る力は強く、
いろいろ感じ取っていただけたことがとても嬉しかったです

感想の中には、子どもへの声のかけ方やコミュニケーションの重要性は分かったけど実践できるか不安といった正直な声もあり、参加していただいた方が気楽に行動に移せるような工夫がもっと必要だなと思いました
もっともっとブラッシュアップしていきたいです

ついかけてしまう厳しい一言もみんな相手を思うからこそ
本当はどこを目指しているかに合わせてより効果的な関わりかたができたら
親も子も指導者も良い関係を保ちながら一緒にゴールを目指せる
あらためてそんなことを感じました